フルボ酸 効果

―フルボ酸 体験レポート―

「お母さん、最近老けたんじゃない?」
ある日、高校生の娘からこんなひとことを言われ、とてもショックを受けました。

 

でも、鏡をのぞいてみれば、確かに娘の言うとおり、2〜3年前に比べて急にシミやシワが増えて実年齢より老けて見えます。

 

そこで、「キレイになるぞ!」と一大決心をし、フィットネスクラブやエステに通いはじめたり、1万円もする美容液を買って使ってみたりしたものの、何となくキレイになったのかなぁ・・・程度で、お金をかけたわりには期待するほどの効果を感じることはできませんでした。

 

そんな折、インターネットでフルボ酸に関する記事に遭遇!
一番魅力を感じたのが「必要なものは吸収し、害となるものは排出する」というフルボ酸の働きでした。

 

それに、40代後半から体力の衰えを感じていて、ぐっすり寝たはずなのに疲れが取れないことも多く、このフルボ酸は“美”と同時に“健康”も手に入れられると書いてあったのも、フルボ酸を買うきっかけとなりました。

 

●私がフルボ酸を購入した理由
1.2〜3年前に比べて急にシミやシワが増えたから
2.ぐっすり寝たのに疲れが取れないから

 

市販のサプリメントなどと比べれば値段はちょっと高いなと感じました。
でも、エステに通うことを考えれば返って安いと思い、ダメ元で購入!

 

フルボ酸の詳細については、別に改めて説明のページを作る予定ですが、フルボ酸とは自然界のすべての生き物が栄養を吸収するのに必要なのもので、ミネラルやアミノ酸を含む有機物の総称です。

 

動物のフンや死骸、落ち葉など自然界のあらゆる物質は朽ちて土に還り、微生物により分解・発酵を繰り返しできた最終生成物から抽出された物質がフルボ酸というわけです。

 

 

8割の女性が何らかの不調を感じてる≪未病≫状態・・・

 

あるアンケート調査によれば、30〜50代女性の8割以上が、何らかの不調を感じているという結果が出ていました。

 

私もそうだったのですが、何となくだるかったり、ぐっすり寝たつもりなのに疲れが取れていなかったり・・・。

 

*疲れやすい
*なかなか眠れない、熟睡できない
*便秘がち
*痩せにくく太りやすい
*頭痛がすることがよくある

 

こうした症状は、病気というほどではないので、ついやり過ごしてしまいますよね。
でも、東洋医学ではこうした状態を ≪未病≫ と呼んでいます。

 

病気というほどではないけれど、疲れやすかったり胃腸の調子が悪かったり、手足が冷えたりといった病気に向かいつつある状態のことです。

 

 

体に蓄積されちる鉛や水銀などの重金属

 

こうした症状の原因として考えられるのが、
体内に蓄積している『鉛』や『水銀』などの重金属です。

 

水道水に残留する塩素やトリハロメタン、鉛や水銀をはじめ、食品に残留する農薬や食品添加物、携帯電話やパソコン、電子レンジなどから発せられる電磁波、合繊洗剤や化粧品などに使用されている化学物質・・・・

 

こうした“毒”が毎日私たちの体に蓄積され、これらの症状を引き起こします。アトピーや花粉症なども典型的な例ですし、糖尿病や高血圧などの病気もそうですよね。

 

私たちが健康に暮らすために大切なのは、病気に発展させず未病で終わらせること。

 

そのためには、ホルモンバランスを整え、免疫力や抵抗力といった体本来の力を高めてあげることが重要です。

 

フルボ酸は、現代人が失いつつある免疫力や抵抗力を高めるための助っ人だと私は思っています。

 

 

フルボ酸は美容にも健康にも効果あり!

 

フルボ酸が歯周病や五十肩、加齢臭にも効果あり!なんて声もありますし、考えてみれば体の本来の機能を整える働きがあるのですから、当然と言えば当然の結果なんでしょうね。

 

私の場合、5〜6年前から抜け毛が目立ってきていて、でも、フルボ酸に育毛効果があるのは知りませんでした。

 

ところが、飲み始めて1カ月もしない頃から、毎朝、鏡を見てブラッシングする際、目立っていた前髪の生え際があまり気にならなくなっていたのです。

 

フルボ酸に育毛効果を期待していなかっただけに、喜びも大きかったですね。それで、ネットで調べてみたら「育毛効果あり」ってことが分かり、「もっと早くにフルボ酸と出会ってたらなぁ〜」と思ったのが素直な気持ちでした。

 

フルボ酸を飲み始めてからは、友人からも「何か始めたの?」と聞かれることが多くなりました。

 

そんな時にはフルボ酸の話をし、さっそくフルボ酸を飲み始めた友人からは「ありがとう」と言われることも多くなってきた今日この頃。

 

どうせなら、もっと多くの方にフルボ酸の良さを実感して欲しい、フルボ酸でキレイに健康になって欲しいと思い、このサイトを立ち上げました。

 

美や健康にお金をかけてきた方はたくさんいると思います。ですので、私と同じくフルボ酸で生活の質(QOL)を高めてもらえたら幸いです。

 

私が試したフルボ酸はこちら

実は、フルボ酸にはいくつか種類があります。
フルボ酸だから何でも良いというわけではないのです。

 

色々と調べてみましたが、フルボ酸を比較する大きな目安となるのは、
純度100%のフルボ酸かどうか、という点です。

 

自然界でゆっくりと長い年月をかけて分解・発酵を繰り返した好気性微生物がいっぱいの腐植土には、フルボ酸と同時にフミン酸も存在しています。

 

ところが、フミン酸は塩素に反応するとトリハロメタンを発生します。

 

トリハロメタンが有害であることは皆さんもご存知だと思いますので説明は省略しますが、泥炭や海底地層などの化石物質から抽出されたフルボ酸には、フミン酸が多量に含まれています。

 

ただ、これまではフルボ酸とフミン酸を分離するのは困難でコストが高く、フミン酸が混じったフルボ酸が大半でした。

 

ところが、ミヤモンテフルボ酸は植物系のフルボ酸をバイオの力で純度100%のフルボ酸を量産することに成功したため、私たちが手軽に購入できるようなっています。

 

それに、バイオの力で量産するため、自然界の腐植土を大量に消費することもありませんので、自然を破壊することなく安心して使えます。これも私がお気に入りになった理由のひとつです。

 

今では私だけでなく、主人は育毛とメタボな体型改善を目的に、娘は美容を目的に家族みんなで愛用しています。

 

また、趣味のガーデンニングではお花たちの健康管理を目的に、希釈したフルボ酸を定期的にあげていますので、お花たちはいつもイキイキと咲いています。

 

最初はちょっと値段が高いかなぁと思ったフルボ酸ですが、これだけ色々なところに使えて、みんなの健康維持に貢献してくれるのですから、私はこれからもずっとフルボ酸を愛用していこうと思います。

 

 

ミヤモンテフルボ酸について、ちょっとまとめてみました。

 

●ミヤモンテフルボ酸とは?

 

外科医ディック・ミヤヤマ博士が、世界で初めてオーガニック植物からバイオの力で100%のフルボ酸を量産することに成功した100%純粋な植物性フルボ酸のこと。
「不要なもの・有害なものを排出する」という働きが放射性物質にも作用。地震による原発事故のあった福島の土壌にフルボ酸を使用したところ、96%の放射性物質を除染したというデータが東電より報告されています。
⇒ミヤモンテフルボ酸の汚染土壌浄化に関する詳細は下記サイトが参考になります。
『ミヤモンテ ひまわりファイトメデレーション』

続きを読む≫ 2013/06/08 20:37:08

 

フルボ酸の使用目的は、「必要な栄養を吸収しやすくし、有害なものを排出する」ことです。
しかも、私たち人間だけでなく動植物のあらゆるものに作用してくれる優れモノ。

 

ですので、フルボ酸は生活全般、色々なことに使える万能選手。

 

ただし、洗剤のように「トイレ用」「窓掃除用」「洗濯用」など、「○○用」と指定されるのに慣れている方には、万能って言われちゃうと「じゃあ、一体何に使えばいいの?」なんて使用方法が浮かばないかも知れませんね。

 

でも、慣れてしまうと本当に便利!
食べ物や飲み物に混ぜたり、スキンケアや入浴にも使え、お庭の花や野菜たちにも、フルボ酸1つあれば使えてしまうのですから。

 

それに、私がフルボ酸を使ってみて一番すごいと思ったのは、摂り過ぎによる害もありませんし、まして副作用もない点です。
これなら安心して子供や高齢となった親にも飲ませることができますから。

 

ただし、摂り過ぎると尿などから排出されてしまうため勿体ないですよね(笑)。
ですので、できれば少量をこまめに摂取したほうがいいと思います。

 

使用方法について以下のようにまとめてみました。

 

≪フルボ酸の使用方法≫

 

●一日何回摂取してもOK!

 

フルボ酸は薬と異なり副作用の心配も一切ありませんので、一日何回摂取してもOKですが、以下の目安を参考にしてみて下さい。

 

◎摂取量の目安
 *通常・・・1日5t
 *疲れているとき・・・1日10t
 *体調が悪いとき・・・1日20〜30t

 

*お茶、コーヒー、味噌汁、酢の物、ドレッシングなどに数滴たらして使って下さい。
酢の物やドレッシングなどはフルボ酸を入れることで、酸味が和らいでマイルドになります。

 

*お刺身や肉などすべての料理にも数滴たらして使用できます。

 

●お風呂やスキンケア、ペットや植物にも

 

*入浴時・・・湯船に数滴入れましょう。
*植物に・・・切り花には花瓶に数滴入れ、植物の散布には500倍に薄めて使用して下さい。
*スキンケア・・・化粧水や乳液、ボディクリームなどに混ぜて。
*ペット・・・ネコやイヌ、鳥や金魚などペットの健康維持に、飲み水やエサに数滴混ぜて使えます。

 

 

フルボ酸 効果!―フルボ酸 体験レポート―

続きを読む≫ 2013/06/08 20:31:08